今話題のニュース・生きるためのプラスになること

hitoblog

仕事

幸せになるにはいい睡眠から

更新日:

寝るときに考えることで、心理が変わる

よく眠れた睡眠は、3,000万円の宝くじに当選したのと同じレベルの人の祝福感

 

4時間半の睡眠が5日間続くだけで、うつ症状に近い脳になる

 

最近では睡眠を含めて1日をマネージメントできることが成功の秘訣である

 

6時間を切ると生活の質は急激に低下。

 

 

睡眠不足は仕事の効率を下げます

 

日本では、睡眠の満足度が低い

睡眠不足を実感している人が3割近い

睡眠時間が6時間未満の人が増えている

身体へのさまざまな影響

  • 糖や細胞の代謝が低下
  • ストレスも受けやすくなる

睡眠不足は生活に影響することも多い

睡眠時間が短くなるほど、ストレスも増え、仕事の効率も下がります。

いいアイディアも浮かびづらくなります

 

 

 

睡眠は仕事の効率も変えてしまう

日本人は睡眠を何もない時間、“無の時間”と考えがちですが、最近では睡眠を含めて1日をマネージメントできることが成功の秘訣

 

前夜の睡眠時間が4時間以下

ヒューマンエラーが増える

5時間の睡眠が2晩連続

ヒューマンエラーの数は4時間以下の睡眠の時と同じようなレベル

睡眠時間をあまり取れない日でも、睡眠の質を高めましょう

 

 

 

マインドフルネスで睡眠の質をアップ

良い睡眠により仕事の効率があがります

マインドフルネスとは

今ここにただ集中している心のあり方」のこと。

雑念を持たず、リラックスしてただ今だけに集中して研ぎ澄まされている状態。

ストレスもありませんし、最も自分の力を発揮できる状態

 

スポーツ選手が集中力を高めるために行なっている人が多いです

 

評価判断、恐怖や否定といった感情の向こう側にいく

 

雑念や無駄な思考のないところに自分の静かな中心を見出していこうと

 

 

■浄化されストレスから解放
考えていることに飲み込まれなくなる。

観察していく時間を持つことで精神的にも肉体的にも緊張が緩和される

 

■集中力が上がる
今の瞬間に深く集中していくことを繰り返していくことで集中力が増加する

 

■よく眠れる

呼吸を整えることで、交感神経と副交感神経のバランスが整う

体の緊張も緩和されていくためよく眠れるようになる

 

 

神経が研ぎ澄まされる
思考が整理されクリアになり、結果様々な能力が発揮されやすくなる

マインドフルネスのやり方

  • ゆったりと気持ちの良い呼吸をする
  • 繰り返される呼吸にただ意識を集中
  • 呼吸に意識を向けるのは、雑念から離れ、今ここの身体感覚とつながる
  • 呼吸以外のものに意識が向いたら、また呼吸に意識を引き戻していく。を繰り返していきます。

呼吸に意識を向けるといっても、なかなか難しいと感じるかもしれません。

コツとしては、吸った空気が体中に流れていくことをイメージ呼吸に合わせて肺が縮んだり膨らんだりするイメージ

脳のリセット

何か思考が浮かんできたら「雑念」と心の中で唱えてそれを手放して、また呼吸に意識を戻していきます。

様々な雑念やストレスで息苦しくなっている状態から解放

シンプルに今ここにただ集中している心のあり方目指すプロセス

 

まとめ

睡眠は祝福間だけではなく、仕事の効率も左右してしまいます。

ご自分の睡眠を見直してみませんか?

睡眠を雑に考える方が多いですが、最高のパフォーマンスを発揮するためには不可欠なことです

ストレスからの解放は仕事の集中力も高まります

結果効率が上がって自分の自由な時間を作ることができます

新しい、ステージに上がるための第一歩睡眠を考えてみましょう

その先には幸せが待っているかもしれませんよ

 

グーグルアドセンス

アドセンス

-仕事

Copyright© hitoblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.