今話題のニュース・生きるためのプラスになること

hitoblog

経済

ポーランドの所得税若者免除/日本の所得税はどう?

投稿日:

ポーランドの所得税減税

ポーランド政府は8月1日から、26歳未満の就業者を対象に所得税を免除

良い条件を求めて国を去る若者が多いことから、少しでも食い止めるとともに、国外にいる若者を呼びたいということです。日本に置き換えることもできますね。

 

自営業者を除く26歳未満の就業者対象

 

  • 年間の総所得が約240万円
  • 18%の個人所得税を免除する。
  • 対象200万人

日本の所得税

所得税 = 所得金額 × 税率 - 控除額

 

所得金額

税率

控除額

195万円以下

5%

0円

195万~330万円

10%

97,500円

330万~695万円

20%

427,500円

695万~900万円

23%

636,000円

900万~1800万円

33%

1,536,000円

1800万~4000万円

40%

2,796,000円

4000万円超

45%

4,796,000円

最高税率は所得税の45%と住民税の10%を合計した55%

 

実は日本の金持ちは欧米の半の税金を分も払っていない

 

現実はこれです

 

 

日本の富裕層は、先進国の富裕層に比べて断トツで税負担率が低い

 

さらに

 

消費税10パーセントに

店内でお召し上がりですか(消費税10%)?お持ち帰りですか(消費税8%)?

上記のように税率か今後変わります

 

加減勢対象

  • お酒以外の飲食料品(購入して持ち帰るもの)
  • 新聞(対面販売、電子版は対象外)
  • 飲食店、コンビニなどでのテイクアウト(店内でのイートインは対象外)
  • 宅配、出前(デリバリー)、Uber Eats(ウーバーイーツ)
  • 有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅で提供される食事(1食640円以下、1日の金額が1,920円に達するまで)
  • 小中学校の義務教育における給食

 

2019年10月から2020年6月(9ヵ月間)

ポイント期間

クレジットカードの他、スマートフォンを用いたQRコード決済、電子マネー

ポイントで増税分以上がもどってくる

https://hitoblog.work/linepey

 

 

まとめ

日本は消費税が高いと思いますか??

ポーランドは日本で置き換えたら、97,500円の減税に置き換えられるということですね。

高給取りは税金が少ないという日本でした。

日本でいるなら、高給取りを目指すしかないということですね。

 

 

グーグルアドセンス

アドセンス

-経済

Copyright© hitoblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.