芸能

ドラマM愛すべき人がいてのネタバレ!1話と2話

更新日:

Ⅿ愛すべき人がいては小松成美さんが書いた同名小説が原作となっているドラマです。小説ですが、一部ノンフィクションとなっていて、浜崎あゆみさんとavex会長の松浦勝人氏の熱愛についてや浜崎あゆみさんの詞は松浦氏への想いを綴ったものであったことは事実だという話が出ていました。
ドラマを観る前に小説を読みましたが、小説とドラマでは登場人物も異なっていますし、会社名や当時大ヒットしていたグループの名称もドラマ仕様となっていました。

現在ドラマは1話と2話が放送されていますので、あらすじやネタバレをしたいと思います。

 

<Ⅿ愛すべき人がいて1話のネタバレ~あゆとマサの出会い>

Ⅿ愛すべき人がいて第1話では、あゆが福岡から上京してくるシーンから
始まります。あゆは福岡で女優のたまご、モデルとして活動していたのですがもっと売れたいと思って東京へ行くことを決めたのです。
祖母とともに東京に上京しますが、思うように仕事は入ってきませんでした。
小さな仕事を細々とこなしながら学校では友達もいない毎日、そんな中、
あゆと同じように大きな夢を持つ同級生の玉木理沙と友達になります。
理沙はあゆを六本木のディスコ・ベルファインに誘います。
ここには有名なレコード会社A VICTORYのプロデューサーマックス・マサが来ていると話題になっていたからです。
マックス・マサに出会えれば有名になれるチャンスがあるかもしれないと
理沙が言うのであゆも一緒にディスコへ行きます。
そしてマックス・マサに出会うことができました。
マサは今の社長のやり方を良く思っていませんでした。新しいやり方で
自分が会社を変えたいと思っていたのです。そこで、部下の流川にVIPルームへ売れそうな女の子を連れてこいと指示します。
流川は張り切って可愛い女の子を集めました。あゆは直接流川に声をかけられなかったものの、興味があったので自分から行きたいと頼みます。流川は仕方なくあゆもVIPルームへ連れていきました。
VIPルームでは、マサがどんどん女の子を「違うな」とダメ出ししていきます。それを見たあゆはマサに対して「あなた神様なんですか!」と怒りをあらわにしました。
マサはそんなあゆに興味を持ちます。
そしてあゆに電話番号を渡し・・・そこからあゆとマサが2人で会う日が
始まったのでした。

<Ⅿ愛すべき人がいて1話のネタバレ~あゆとマサの特訓>

マサはあゆを呼び出して歌を歌わせるようになります。
あゆは歌手に向いているとマサが言うので、あゆもどんどん歌うことが好きになっていきました。
そしてマサはあゆを本格的にデビューさせたいと思うようになるのです。
しかし、それを邪魔する人物もいて・・
あゆをデビューさせるためには、あゆが所属している事務所に話をつけなければいけません。
しかしそうはさせないとマサの秘書の姫野やA VICTORYの社長である大浜は邪魔をします。
あゆの気持ちは決まっていました。あゆは事務所の社長に「辞めます!」と言い、マサの元へ向かったのです。
そして2人で同じ道を走ることを誓います。

Ⅿ愛すべき人がいて1話では、あゆとマサの出会いから、2人で一緒に
デビューしようと誓うところまでが描かれていました。

<Ⅿ愛すべき人がいて2話ネタバレ~ニューヨークでの特訓>
Ⅿ愛すべき人がいて2話では、あゆがニューヨークへ特訓に行きます。
デビューするために歌やダンスのレッスンが必要でした。マサはあゆに
普通の特訓ではなく特別な特訓を受けさせたいと思っていたので
ニューヨークへ行くように指示します。
あゆはマサの期待にこたえたいと思い、ニューヨークへ旅立ちました。
ニューヨークでのレッスンは試練の連続でした。
あゆは自分の力の無さに自信を失います。
そんな時、マサがあゆに会いに来てくれたのでした。あゆはマサのおかげで
困難を乗り越え厳しい特訓をクリアします。
とっても怖い講師の先生の指導をクリアして日本へ帰国したのでした。

 

<Ⅿ愛すべき人がいて2話ネタバレ~壮絶ないじめに合うあゆ>

日本に帰国したあゆは、休む間もなくガールズグループデビューの合宿に参加させられます。
この合宿にあゆは特別参加させてもらっていました。それを面白く思わない
理沙たちがあゆをいじめます。
姫野は、あゆを面白く思っていない女の子達と手を組み、あゆを脱落させようと企みます。
しかしあゆは負けませんでした。壮絶ないじめに合っていることをマサは
気づいていましたが、それを乗り越えてこそあゆは本当の実力を発揮すると信じ、いじめの事実は明らかにしようとせず、あゆを見守ります。
合宿最終日、あゆがデビューするためには、重たい荷物を背負って行うマラソンで5位以内に入らなければいけません。
どの重さの荷物を持つかはくじ引きで決定され、あゆは一番重たい荷物を持つことになってしまいます。
前日にケガをしていたこともあり、あゆは非常に苦しい状況でマラソンに参加しなければいけなくなりました。
途中で雨が降ってきてあゆはこけてしまいます。
もうダメかも・・と思ったその時、マサがあらわれてあゆを応援したのでした。そのおかげであゆは1位でゴールイン、デビューへの一歩を掴んだのです。

Ⅿ愛すべき人がいて2話では、マサとあゆがさらに深い絆で結ばれたような気がしました。
姫野や大浜といった2人のデビューを邪魔する人物の動きが今後も気になります。

 

<Ⅿ愛すべき人がいてのドラマについて感じたこと>

原作では、あゆがいじめられたり、あゆのデビューを邪魔するような登場人物はいなかったのですが、もしかしたら小説に描かれていないだけで少しそういった人がいたのかもしれないなと思ったりしました。ドラマ版Ⅿ愛すべき人がいてと原作との違いも楽しみながら視聴したいドラマです。

 

浜崎あゆみの全盛期すご過ぎる

グーグルアドセンス

アドセンス

-芸能

Copyright© hitoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.