今話題のニュース・生きるためのプラスになること

hitoblog

子育て

夏バテ防止食材トップ5/夏バテレシピ

更新日:

夏バテ予防の食べ物は何?

毎日暑くて食欲が落ちてはいないですか?冷たいものばかりだと胃腸に負担がかかってしまいます。

私はアイスが大好きなので体調を崩してしまうんですー・・。

消化機能の不調を招きます。そのため余計食欲が失われ、エネルギーやビタミン不足になってしまいます。

そのことによりより、喉越しの良いものが食べたくなり、胃腸に負担がーー。

負の連鎖が続きます。

そんな中少しでもエネルギーになるものを選んで食べてみてはどうですか?

夏バテ防止の食べ物をランキングにまとめてみました。

第1位「豚肉」

夏バテに効果があるのはビタミンB1ナイアシンです。

ビタミンB1は疲労回復のビタミン

  • 炭水化物(糖質)の代謝を促すために必要な栄養素
  • エネルギーをつくる手助け

ナイアシンは昔ビタミンB3と言っていました

  • 糖質や脂質の栄養をエネルギーに変換

これらがたくさん含まれている豚肉をたくさん食べることで、

豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1が豊富

ビタミンB1は不足してしまうと疲労や倦怠感になる

ヒレ肉

もも肉

※赤身の多い部位に多く含まれています。

美容にも豚肉がいいとされていますね

 

第2位「納豆」

大豆はビタミンB1が含まれている

汗とともに失われてしまうカリウムが豊富

発酵製品なので栄養素の吸収がされやすい

腸内環境を整えてくれる

汗で流れてしまうカリウムも含まれているのと、栄養が豊富。納豆はやっぱり最強食材ですね。

第3位「モロヘイヤ」

 

昔王様がモロヘイヤをスープにして食べたところ、薬では治らなかった病が治ったんだとか。そんな伝説が生まれるほど

クレオパトラもモロヘイヤを愛して食していた

 

細胞老化のもととなる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用

高抗酸化ビタミン➡ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE

夏が旬の野菜で栄養価が高いモロヘイヤ。

モロヘイヤにはそのカリウムが豊富

カルシウムや鉄といったミネラルや造血のビタミン葉酸

傷みやすいのでゆでたら刻んで冷凍保存してください

 

第4位「枝豆」

「オルニチン」

アルコールの分解を促す

肝機能を回復する効果

ビタミンB1、カルシウム、タンパクの摂取

保存する際は冷凍保存を。枝豆はビールのつまみによく食べる物ですが、アルコールの分解を促します。熱中症予防にもなります

 

第5位「梅干し」

クエン酸が豊富で体内でのエネルギー代謝を効率よくする

エネルギー代謝が活発になる

疲労回復を早める

カルシウムの吸収率を高める

食欲増進

豚肉と一緒に取るとより効果的です

乳酸の分解が早くなり、疲労回復のスピードも早くなります。

 

まとめ

どうでしたか、夏に食べやすいものでも疲労回復効果があるものがたくさんありますね。1年中納豆は捕り続けた方がいいですね。

食欲不振になってしまう前に、こちらの食材を取って暑い夏を元気に乗り切れるようにしていきましょう。





グーグルアドセンス

アドセンス

-子育て

Copyright© hitoblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.