今話題のニュース・生きるためのプラスになること

hitoblog

芸能界

中田敦彦ユーチューブ爆走。会員数の増え方やばすぎる

投稿日:

オリラジ中田敦彦YouTube登録者急増

 

 

 

YouTubeの登録者数

2019年に開設して、8月の時点で登録者はすでに約61万人

 

2ヶ月にして爆速。

 

登録者は急増

 

 

7月7日にチャンネル登録者40万人突破

 

5日後

 

7月12日現在では約53万人

神降臨しているレベル

早いスピードで登録者数を伸ばしています

 

 

芸人ユーチューバーの先駆けキングコング

2018年から始めているお笑いコンビのキングコングの梶原さん

カジサック

登録者数が100万人行かなければ、芸人やめます宣言をしてユーチューバーになったキングコングの梶原さん。

そのことが衝撃で、テレビでも報道されていたのを覚えています。

 

今では111万人を超える登録人数に達して、収入もすごいことになっているのではないかと言われています。

中田さんもそれに続けとばかりに自分の得意分野に進んでいったのでしょうか。

 

 

 

「YouTube大学」とは

 

基本時事問題、世界史、文学などのかなり勉強になる内容です。

 

私もマイにい通勤の時に視聴しているが、一人で見ていても、笑ってしまうほど面白い。

勉強が苦手な人がこれを見たら楽しく勉強ができるであろう。

なかなか、とっつきにくい話題、ニュースなど頭に入りやすく話してくれる。

絶妙なトークで面白い

日本史・古事記など堅苦しくて、読む気にならない。などなかなか手に取りずらい文学本を面白く説明してくれるので、学生の時にこんなチャンネルがあったらよかったのに。

歴史・世界史・等あまり内容を把握していないものばかり。

 

わざわざそこまで勉強しない。常識的に知っている文学書を深く勉強できる。

 

こんないいコンテンツは久しぶりだと感じました

 

「中田敦彦のYouTube大学」を一言で表現するなら、そのような評価になる。昨今のユーチューバーといえば、

公共の場での一般人への迷惑を顧みない過激な振る舞い。

子供への教育上決して好ましくないようなコンテンツで視聴者を呼び込む類の稚拙なチャンネルを運営が多かった。

子供に教育上良くないと誤解されてしまう内容が多い。

 

中田は当初から完璧に異なる色を確立

 

 

動画毎に異なるジャンルの戯れを収録するのではなく、受験生や学生にとって有益な学問的知識に分野を特化している点もまたYouTube大学が異様なペースで登録者を増やしている所以だろう。

 

 

どうでもいい、面白ければいいという内容であれば、親も嫌煙しがちでが、

これは全く別物。

 

むしろ、親は見てほしいと思ってしまう内容だ。

 

世界情勢など、ニュースだけでは読み解けない。深掘りした内容。

 

国と国の対立の背景など、世界情勢がわかりやすく説明されている

 

 

 

 

 

なぜ今ユーチューブチャンネルを始めたのか?

 

教育系の動画はロケもいらないから製作コストも安く抑えられる。話が腐らず、アーカイブ性も高いのでこれからさらに再生回数が増える可能性が高い。このままいけば、中田さんは年収1億円超えも視野に入ってくると思いますよ」(同・ITライター)

金持ちケンカせず……。中田が吉本興業のお家騒動に首を突っ込まなかった最大の理由かもしれない。

 

YouTubeの登録者数

2019年に開設して、8月の時点で登録者はすでに約61万人になっています。

お笑い芸人のユーチューバーとしては、2018年から始めているお笑いコンビのキングコングの梶原さんのチェンネルもあります。「カジサック」として、今では111万人を超える登録人数に達して、収入もすごいことになっているのではないかと言われています。

中田さんもそれに続けとばかりに自分の得意分野に進んでいったのでしょうか。

 

 

 

グーグルアドセンス

アドセンス

-芸能界

Copyright© hitoblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.