節約

移住生活が実は素晴らしい 補助金額数百万の地域も存在

更新日:

田舎移住は夢じゃない

皆さんは田舎に移住すると聞くと、現実的ではないと感じませんか?

現在の日本では、年に極度に人口が密集しています。それが、全国に散らばったら、どれほど、市町村は潤うでしょう。

そして、都会で仕事に追われている。何のために働いているのか解らない。なのに生活が苦しい。といった人々がどれほどいるでしょうか?

そんな人たちが、人生を楽しむために移住を考えてみてはどうですか?ストレスからの解放を体験してみてください。

 

移住したらどんな仕事があるの?

都会にはない、田舎ならでわの仕事があり、数十万以上の収入を得ている人たちもたくさんいます。それに加え生活費は東京の半分で生活しているという人も多く存在しています。

インターネットが普及している現在、買い物もネット注文で何で済む時代になってきました。

移住しやすい環境がどんどん整いつつあります。

 

補助金の利用

移住移住先の企業又は企業

最大100万円

移住してきた市町村の補助

子供一人当たり20万 夫婦で30万

家を買ったら150万

これだけ出ますww

もし子供が3人いて夫婦・起業又は就職・家を中古又は新築

これだけで、ざっと300万円以上補助としてもらえるということになります。

しかも、子育てをするのはお金がかかるという過程は、

小学校の給食費すら出してくれます。

学校に通うだけで入学金ももらえます。

教材費が全額でるところまで。

ほとんど、ただのようなもので、学校に通うことができるんです。

子育て世代こそ、現在インターネット上でリモートで勉強ができます。補助金をもらいながら、子育てをするには最適だと思います

 

地域おこし協力隊

自治体で、地方から移住をしてきてそこで働いてもらう。

20万弱ほどの給料で、3年間という期間限定ですが、働いている人が多くいます。

3年間が過ぎると、違うところへ行く人もいますが、そのまま定住する人もいます。

自治体によって雇用されているので、3年経ってから職を探すのも、知り合いの伝いで、仕事を探している人が多く見られます。

比較的、独身の若い方が多いです。

 

インターネットを利用したクラウドソーシング

現在インターネット環境だけで仕事をする人がたくさんいます。

そういった方が、仕事をつづけながら、田舎暮らしをするという選択肢が出てきました。

インターネットを利用して仕事をするには、クラウドソーシング用のサイトから、外注の仕事を受注して、仕事を受けることができます。

いきなり移住をすることが心配な方は、そういったところから収入を得られるようになってから、移住してみることをおすすめします。

 

ユーチューバーの移住

現在の日本では、空き家問題が深刻化しています。

その空き家を利用して、そこからユーチューブチャンネルを配信してみてはどうでしょうか?

ほとんどただのような金額で、購入または借りることができます。

田舎でユーチューブをするメリットは大きくあります。

騒いで文句を言う人もいない、大規模な撮影がしやすい。

安価に新しい撮影が可能。

観光地が近い所は、遊びながら配信することが可能。

空き家を活用して、住むところを転々とするのも可能です。

 

近所付き合いの心配

どうしても心配になるのが、近所付き合いではないでしょうか。

一昔前は、移住者に対して、はじきにするような風潮がありました、しかし、今はむしろ移住してきてほしいという地域がほとんどだと思います。

近所と言っても、昔より深い関係になることも少なくなってきました。

子供や、労働人口が減ってきている現在、地域の行事もどんどんなくなってきています。

 

まとめ

なんだか田舎へ、移住してもいいのかも?

と思ってきませんか?

今後どんどん移住する人が増えていきます。

しかし、増えれば増えるほど、補助金の金額は減らされてしまいます。

現在であれば、一人数百万という恩恵を受けることができますが、このことが絶対世の中の主流になってくると思います。そうした時には、補助金は受けれなくなっている可能性があります。

その前に、補助金をもらって賢く、移住してみてはどうですか?

 

グーグルアドセンス

アドセンス

-節約

Copyright© hitoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.