今話題のニュース・生きるためのプラスになること

hitoblog

経済

ジム・ロジャーズ/投資家・円はもう安全資産ではない

投稿日:

「これが20年後になると、そうはいかない。すでに記したとおり、日本円の価値は今後下落するうえ、老齢化により身動きがとれなくなっていくからだ。べつにブラジルでなくとも構わないが、日本にとどまっている人々は、できるだけ早いうちに海外に資産をうつす。」とジム・ロジャーズはいっています。

ジム・ロジャーズとは

アメリカ合衆国投資家

クォンタム・ファンドの共同設立者

ロジャーズ・ホールディングス会長

「世界三大投資家」と言われている

ジム

自分の情熱を注げることにこそ、仕事にしなさい

伝説の投資家「ジム・ロジャーズ」

 「大富豪物語」ジム・ロジャーズはこうしてお金を手にした

 

「商品投資の天才」「金融界のインディアナ・ジョーンズ」「冒険資本家」などと呼ばれる

ジム・ロジャーは日本をどう見ているのか?

日本のことは好きただ、今後の日本のことを心配しているようです。日本にいないで外国に出ろ。資産を分散しろ

人口減

債務超過

扉を閉ざしてしまっている国は急降下する

日本の株は割安しかし、先が見えない

日本銀行がお札を吸っている限り、良くはならない。むしろ、お札の価値が下落していく

オリンピックは利益を生まない

オリンピックは大した経済効果を生まない

観光に注目している

日本の今後が怖くなってしまうようなことばかり言っていますね。日本ではそのようなことがニュースで放送されることはありません。
日銀が年金だけでは足りないので、2000万を貯金しておかなければということにすごく批判されてしまいました。しかし、みなさんはだんだん気づいてきているのかもしれません。このままだと日本がどうなってしまうのか?

 

ジム・ロジャーズはニュースを見ない

ジム・ロジャーズはニュウーも見ないし、テレビも見ない。ラジオを聴いてインターネットでテレビに出る前の情報を得ているんだそうです。確かに、ネットニュースの方が格段に情報スピードは速いですね。

 

日本は島国で、海外の情報を目にしようとしない。閉鎖的である。

ジムは子育てに熱心

貯金の大切さを子供たちに学ばせるため6個の貯金箱をプレゼントしたそうです。通貨ごとの貯金箱。

多く預ければ多く利子がもらえる。ある日姉が人形を買ってしまいました。妹は貯金をしたまま。
元本が減ってしまって利子も少なくなってしまった

妹は無駄遣いをしていないので、貯金額は多くなったそうです。

日本ではあまりお金の勉強はさせない風潮にありますが、むしろ生きていく上では一番大切なことではないでしょうか?

 

ジムロジャース人生で大切なこと

大切なことは、あきらめないこと。

忍耐を持って継続すること。

根気強く、粘り強く取り組む。

継続は力なり。

失敗しても何回でもトライする。

このことは、人生すべてにおいてそうですね。諦めも大切かもしれませんが、大抵のことは、努力、継続が大切です。すべてにおいていえることではないでしょうか。

まとめ

日本は島国で、いい文化もたくさんあります。ジム・ロジャーはそのことをすごく評価しています。しかし、日本人は外を見ていないと言います。日本に住んでいると、閉鎖的とは気づいていない人がほとんどだと思います。しかし、日本は日本円に対して絶対的な安心を持っています。しかし、海外の通貨を持っている人はどれほどいるでしょう。
全てを日本円で管理している人が大多数何ではないでしょうか?ジム・ロジャーズはそのことに関して、日本人はもっと危機管理を勉強するべきと。

投資はリスクはありますが、行わないと今後の日本では生きてけなくなるでしょう。ジム・ロジャーズの言葉が心に刺さった方が多かったんじゃないですか?もう一度人生を見直してみるチャンスかもしれませんね。

グーグルアドセンス

アドセンス

-経済

Copyright© hitoblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.