金融

カードローンの使い方/カードローンの危険性

更新日:

カードローンの使い方/カードローンの危険性

カードローンの上手な使い方につて

クレジットカードを使っての借り入れやショッピングは

できれば行わないほうがいいに決まっていますが、使わなければならない

ことも出てくると思います。

お金に関していえば、お金に心配のない生活ができれば一番の方法だと考えれられますが…

カードローンを使うメリットやカードには便利な特典や機能がついていたりするので、

カードローンだからといって、一概にはカードを持たないほうがいいとも言えないのです。

 

クレジットカードとは

覚えておいて欲しいのがクレジットカードも現金であるということです。

カードの特典

ポイントが付く

割引

 

カードローンを間違った使い方

すぐにカードローンのローン地獄

カードローンについている便利な機能はあくまでもオマケ!

利息が付いた借金だと考え

・カードローンの知識

カードローンの仕組みとは?

 

クレジットカード会社で、ローンの申し込みのときに、

カードの利用限度額とカードローン利用限度額を決めます。

会員ごとに、それぞれ個別の審査され、利用限度額が決定します。

その利用限度額の範囲内であれば、自由に借り入れをすることができます

利用限度額は、基本的には50万円、または年収の10%程度

その限度枠の範囲内ならば、何回でもATMなどでいつでもカンタンにお金を借りる。

キャッシングもお金を借りるということをいいますが、簡単にいってしまえば、

個人向けの融資と同じです。

金額については、キャッシングよりもカードローンの方が多く借りることができたりします。

もちろん毎月きちんと返済

 

・カードローンの返済が滞ったらどうなる?

あなたの行動次第です。

当然ですが、返済が滞ると電話などで連絡がきますし、返済催促の手紙や振込用紙などが郵送で届きます。

その期限を過ぎても放置していると、さらに連絡が頻繁になり、そのまま無視していると、

最悪の場合はカード差し止めされ、裁判にまでなることもあります。

とは言え、どうにもならないというケースも世の中にはあるでしょう。

無視せず自分から連絡する

 

毎月の返済金額を変更

返済期間を延長してもらえる

決して無視だけはしないでください。

返済する気はあるが返済できないという事情を説明する

カード会社としても少しでも余分に少しでも確実に返済してもらえるほうがいい

こちらの条件などを考慮して譲歩してもらえる可能性があるのです。

しかし、返済もせず無視していれば、「返済する意

 

・カードローンはやっぱり怖いもの?

 

カードローンが危険とかやばいことばかりではありません。

その人の事情と使い方次第といえるからです。

普段の買いものでは、現金を用意しなければ購入することはできませんが。

銀行では、住宅や自動車などの高額商品を購入する場合には、ローンを組む。

住宅ローンや自動車ローンを組んで分割払いで支払う場合が多いでしょう。

 

クレジットカードで簡単に借りる

個人でクレジットカードを持っていれば、

誰でも簡単にカードローンが使うことができるようになっています。

カードローンではその上限が決められているので、ゴールドカードなどの特定のカードを除けば、

借りられる金額は多くても、100万~300万円程度が限度額ではないでしょか。

個人でその上限金額までローンを使うと支払いが大変になってしまいます。

 

カードローン金利は高い

支払い期間が長引けば長引くほど、金利が多く加算

借金を返しても返してもなかなか減らない仕組みになっている

分割払いで月々の負担が楽だからといって、いくつもの買い物をしていると、

結果的に月々の支払い額が高額になっているんです。

簡単に借りることができますが、カードローンは慎重に行ってください

カードローンといってもしっかりと返済していれば怖いことなんてなく、

便利なシステムです。

 

・カードローンの審査に落ちる理由って?

カードローンの審査に落ちるときはどうしてなのでしょうか?

それは、はっきりとはわかりませんが…。

いろいろと考えられます。

なぜなら、全てのクレジットカード発行会社は、詳細な審査基準や

審査に落ちた理由をオープンにしないためです。

電話しても教えない

審査に落ちたのかわからない

 

本人ならば検討はつくでしょう。

つまり、カードローン発行会社から

ローン会社

「この人は借りたお金を確実に返済してくれるとは思えない。信用できない」

 

同じ月にクレジットカードを何枚も作っている

ローン会社

この人は怪しい

判断されてしまうので、審査に落ちてしまうということです。

 

カードローンが落ちてしまう理由

またその他の理由の一つとして収入などにも原因が考えられます。

収入が低い

アルバイトの学生や専業主婦

どうしても審査に落ちやすいのです。

 

毎月一定の収入があるサラリーマンが通りやすい。

収入が流動的な自営業者の場合にも審査に通りにくい

その他にも、過去に返済トラブルを起こした事がある人の場合には、

審査に落ちやすくなります。

俗にいうブラックリストというものですね。

 

金融ブラック

これはそのカード会社に限らず、全ての金融機関(クレジットカード会社・銀行・消費者金融など)

での事故歴が該当します。

 

 

・カードローン地獄

カードローン地獄へ落ちないようにカードを利用するには

返済に困ることを前提に借り入れをする人は誰もいないでしょう。

たくさんあるカードローン会社からその仕組みを理解して、

自分の貯金や収入をきちんと把握した上でカードローンを使用しているのですが、支払いが滞ってしまう場合が出てきます。

そんな方でも、計画をもって借り入れを行っても、

「クレジットカードがあるから大丈夫」

心の油断が原因で知らないうちにカードローンの地獄が始まるのです。

 

大学を卒業して社会人になって、カードが自分で持てる実感から、

浮かれて支払いを全部カードを使ってしまい、買い物をしていると後でカードローンがたまってしまい、支払いができなくなってしまいます。

カードローンは、たしかに便利なものなので、ついつい気軽に使ってしまいがちですが、

生活に切っても切り離せないものとなっています。

カードローンは、怖い存在のひとつでもあることを意識することが大切

カードの利用の仕方を一歩間違えると、カードをもったことにより天使にもなり、悪魔にもなる

とても怖いものです。

カードローンはメリットもたくさん

確かにいろんな機能がついており、

利用方法はくれぐれも間違えないようにしたいものです。

といっても、便利なカードローンですが、あくまでも自分の貯金でも収入でもないことを

いつも意識しておくことです。

カードローンは、借りているお金なのだと自覚していれば、使い過ぎずに、生活にとって

便利なものとなります。

 

多額債務者にならないために

多くの方がいつのまにか自分のお金と勘違いしてしまうので、カードローンの地獄に落ちていき

多重債務者となっていくのです。

普段の買い物で、どんどん利用して届いた明細書を見てビックリ!?

はじめから何社ものカードローンをバンバン使っている人はいません。

 

でも他の会社のカードローンを利用して、さらにお金を借りているという方もよく聞きます。

あまりにもずさんな使い方をしていると、返済期日が来てはじめて自分の収入だけでは支払えない

額になっていることに気づいて、やむを得ず新しい会社でカードを作っているようです。

これが、自転車操業の始まりです。

自転車操業ではなく、一度で終われば良いのですが、そこが人間の心の弱さなのでしょうか…

また借りることができるから大丈夫と思ってしまうのです。

知らないうちにどんどん利息も加わっていき、返済額が予想以上に増えていて

毎月の返済に追われるようになっていく。

ちょっとしたきっかけで、カード会社を利用したばかりに…

意識していなくてもついつい複数のカード会社を使うようになる可能性は高いです。

そして、いつの間にか利用明細書の山が届くようになり、ついには督促状の山となって、

カードローン地獄から抜け出せなくなってしまう負のスパイラルの始まりです。

ほんの些細な気のゆるみから、借金地獄へと落ちてしまうのです。

カードローン地獄などありえないと思っわず。常に支払い金額に注意して買い物をする

なんとなく、カードで買い物をしていると、支払いできなくなる時が来るかもしれません。

知らず知らずのうちにが、カードローンの始まりです。



グーグルアドセンス

アドセンス

-金融

Copyright© hitoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.