今話題のニュース・生きるためのプラスになること

hitoblog

ニュース

幸せな人になる方法

投稿日:

笑顔でいる

幸せな人は、理由がなくてもいつも笑顔です。

なかなかいつも笑顔でいるのって大変ですよね。

しかし、

笑顔は心の状態を表すものの1つですが、それ以上の意味を持つちます。

身に付いた意識なのだ。大切なのことは、物理的に変わるだけで、心まで変わる。

笑顔でいることが嫌な時でも、笑顔でいる努力をするということ。

笑いたくない時でも笑顔でいることで、本当に笑顔で入れるようになるんです。

そんな馬鹿なーと思いますが、ぜひ試してみてください。

 

  • 笑顔でいることは幸せな心の状態を育みむ
  • 幸せな心の状態は笑顔でいたいという欲求育てる

笑顔を作っていた人たちは、笑顔ではない人と比べ、アニメの面白い場面やユーモアたっぷりの場面をより愉快に感じ

悪い場面でもあまりネガティブな気持にならなかった

これは物理的に、ある表情をしているとき、その表情を浮かべるときに、心の中で笑顔に最も似た感情を呼び起こすことが証明された

笑いたくなくても笑っていれば、どうにかなります。

私は笑顔でいれば大体のことは乗り越えられると思っています。

 

価値を創る

幸せな人たちは、長期的なものの見方をする。

今与えられた仕事を通して、価値を創りだそうとする。

目先のお金にとらわれないで、行動をする。

損して得取れはこういうことだろう。

 

幸せは1日にしてならず

 

仕事の面での影響

幸せな労働者は努力を惜しまない全力でまっとうする。

与えられた時間で、それ以上の価値をうみだします

人々のニーズを満たし、課題解決する

よりよい商品やサービスを提供することにより価値を提供する。

与えられた仕事よりも、より良いパフォーマンスを発揮する

 

 

健康的な食生活

私たちの身体は食べたものできています。

バランスの崩れった食事では、元気に生活することは難しいです

その日食べた物で、だるく疲れたように感じると、1日を元気に過ごすことは難しいです

 

幸せな人たちはエネルギー豊富で、新鮮で、栄養価の高い食べ物を食べる。

自然でオーガニックな食品を選ぶ傾向にあります

 

 

今の人生に向き合っている

過去のことや、まだ起こっていない先の不安を考えていては、幸せにはなれない。

常に全力で今を生きています。

 

自分が何をしなければいけないのか、何が優先事項なのか考えながら行動しています。

 

  • 忘れてしまうということではない。
  • 今という時間を大切にする
  • 心穏やかにいられる

うまくいかないことは、きっと常にある。実際、うまくいかないことがあるということは、生きているということでもある。

でも、今という時を生きることは、起きている問題よりも大切です

 

実際に体感すること

 

 

自分で、見て聞いて嗅いでみる

長期的な幸せを感じられる心や感性を養うことができる

目標を立てる

将来に向けて目標を立てる。

  • 自分がどうありたいのか?
  • 仕事上どうなていたいのか?

目標を持つことで、目標を達成した時の達成感や、自分の存在意義を感じることができます

 

人生で成し遂げたいことを、希望と大志をもって夢中になることができる。

目を背けず、前に進むことができるのだ。

長期的過ぎる目標は立てない。1日1日の目標を立て、ひとつずつ着実にこなすことで、一歩ずつ心の充足を得ることができる。毎日達成できた実感と、自分が成長していると実感できる

 

冒険する

幸せな人たちは冒険をしたがるものだ。自分にとって居心地の良い場所を離れ、未知に飛び込んでいくときこそ、素晴らしい体験ができると知っているからだ。それは旅行に限ったことではなく、新しい人に出会ったり、異なる文化の目を通して人生を体験してみたりして、新しいことを探求し、発見することだ。

それは、豪華でおしゃれな旅行にたくさんお金をかけることとは違う。人生のスリルを、様々なかたちで味わうことだ。いつもとは違う晩ごはんを楽しんだり、仕事からの帰り道に、いつもと違うところを通ってみたりすることだ。自分を枠に押し込めて生きるのではなく、新しい冒険をしてみたいという姿勢が大切なのだ。

ポジティブに考える

人生は、自分が考えていることばかり写しだしてしまう。そういう意味では、カメラのレンズに似ているかもしれない。うまくいかないことばかりを考えると、うまくいかないことがもっと見え始める。そんな考えはどんどん膨らみ、心を支配してしまう。

でも、ポジティブに考えると、うまくいかないことやネガティブなことでさえも乗り越えることができる。今、ここで起きていることをちゃんと理解できるようになる。実際、ポジティブであることは、幸せになるために必要な基礎であり、それ以上に、今を生きるために大切なことなのだ。

変化を受け入れる

幸せな人たちは、変化を受け入れることの価値を知っている。

確かなものを受け入れるだけでなく、不確かなものも受け入れること。

人生の大きな変化を前に怖気づいたりしない。

変化を怖がって今立っている位置を変えたがらない人もいる、しかし、そういった人に限って不満がたまっているように思う

変化を受け入れることで、人生の素晴らしさも同時に受け入れる。

 

時間とともに変わっていくことを知っているから、

変化を受け入れることを怖がらない。

幸せな人たちは、どんな変化でも受け入るようにする

 

人生がつまらない人は変化を求めない人

自分で動いていれば、つまらないと言っている余裕は無くなります。

 

  • ただじっとして動かないで家に居たとします。
  • 外に出かけていきます

さて、どちらが刺激がある一日だと思いますか?

外に出かけた方が刺激のある日を送れると思いますね。皆さんは、何もせずつまらないと言いますが、刺激を求めるのであれば、行動しなければ刺激は生まれません。

どのようなことで刺激が生まれるかは動いてみなければわかりません。

 

 

人生に飽きるのは変化に気づいていないから

 

毎日同じような日々。そう思って自分から自分の日常を白けさせていませんか?

毎日同じだ、と思っていても実際は違います。考えてみて下さい。天気は毎日同じですか?もし晴れの日、雨の日同じ天気が続いたとしても気温は、湿度は同じでしょうか?

風の吹き方も毎日違うはずです。会社で出会う人たちの動きも、毎日同じですか?交わす言葉も違うはずです。

そう、気づいていないかもしれませんが、1日だって同じ日はないのです。

そんな小さな変化を見つけ出せば、自分自信の変化にも気づくはずです。周りをよく見て、変化を探してみて下さい。毎日の変化を見つける。その行為だけでも刺激になるかもしれませんよ。

 

人生に飽きるのは平和な毎日を愛せていないから

 

世界には毎日食事を取れない、安眠できない日々を送っている人もいます。ですから毎日ベットで眠り、三食を食べ、立派に仕事をし、賃金を得る。そんな普通の幸せは実はもの凄い幸せなのです。

もしあなたに明日末期ガンが発覚したらどう思うでしょうか?明日からは病院にこもりっきり、すぐに死んでしまうかもしれません。そうなったときに今の自分の人生に飽きた、つまらないなんて思わないはずです。何もない毎日は愛すべき毎日です。

そんなことはわかっている。と誰もが思うかもしれませんが、実際「平和ボケ」しているからこそ、そんなことはわかっている、と言えるのです。

本当にわかっている人はそんなことは思えないはず。もし本当に平和な毎日を愛せているのなら1日の終わりに「今日も平和な1日を過ごせた」と嬉しく感じるはずです。

 

グーグルアドセンス

アドセンス

-ニュース

Copyright© hitoblog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.